プロフィール

スタッフ

店長のSuzukiです。私は食べる事が大好きで若い頃は給料のほとんどを食べ歩きにつぎ込み貯金がいつも0円でした。特にフレンチが大好きで1日6件のレストランに行った経験があります…自慢
お寿司も天ぷらも大好きですが誰かおいしい店があったら教えてください。(この世でこれ以上のものがないと言うぐらいの物がいいな)世界の果てまでも食べに行きます・

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 和歌山グルメ紀行第四弾 最終回は「マグロ」 | メイン | 築地タラバ蟹便り »

2008年2月21日 (木)

築地 「牡蠣」 便り

ご無沙汰しております。長いことお待たせしました。

今回は築地で「牡蠣」を仕入れました。

 2月13日(水)AM3:50、こだわり“ほうれん草”の渋谷さんと越谷を出発。この日は風が強く大変寒い日でした。AM4:30築地到着。車から降りると真っ暗で浜風が強く体をぶるぶる震わせた。野菜市場に入ると仲買の人達がターレー(市場専用の車)を乗り回して真夜中に活気あふれるエンジン音が鳴り響いている。私はこの風景が好きだ。「築地の男達」という感じで勇ましい。
その風景を見ながら足早に渋谷さんが仲買を回り“こだわりのほうれん草”を
納めて行きその後を私がついて行く。納品が終わり今度は、お茶タイム。農家仲間や仲買、市場のセリ人と缶コーヒーを飲みながら世間話。この場が情報交換の場になっているのだろう。

AM5:30 魚市場に入る。カキ専門業者「芝専」に来店
私・「おはようございます。カキありますか?」
親方・「毎度。オイ山下、カキ入ったか?!」
山下・「まだです,もう少しかかります。今はカキ高いですよ,どうしますか」私・「お願いします。何で高いんですか」
山下・「カキももうすぐシーズンが終わりで今はカキが少ないんですよ。広     島、三陸がもう終わるんですよ」
私・「今年は早いですね~」
山下・「今年は物がなくて種屋さん(カキの養殖業者)も困ってますよ~」
私・「カキが来るまでメシでも食ってきます」

AM5:45渋谷さんと築地で一番有名なラーメン店「井上」でラーメンを食べることに。
私・「二杯ください。」
店員・「ありがとうございます。今は感謝デーなのでヤクルトどうぞ」
私・「何の感謝デーなんですか?」
店員・「そう言われると困りますね~えへへ」
私・「まーとりあえずいただきます」
15年ぶりに食べた「井上」のラーメン美味しかった。昔と変わらないあっさり味のスープとちぢれ麺、そしておやじ(店主)も変わっていない。変わらない味のおいしさは最高級品

AM6:00再び「芝専」さんに来店
私・「できましたか」
親方・「オイ山下できてるか」
山下・「できてます。この時期一番おいしい産地浜松産を仕入れて来ました。    大粒ですよ」

私・「いつも一番いい物をありがとうございます」

☆山下さんはカキの仕入れ名人でめちゃめちゃ詳しい人でいつも「カキ」の話を伺っています。バンダナが良く似合う山下さん本当に有り難うございます。
                    おしまい・・・


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/569949/28743075

築地 「牡蠣」 便りを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

カポナータ のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
カポナータ