プロフィール

スタッフ

店長のSuzukiです。私は食べる事が大好きで若い頃は給料のほとんどを食べ歩きにつぎ込み貯金がいつも0円でした。特にフレンチが大好きで1日6件のレストランに行った経験があります…自慢
お寿司も天ぷらも大好きですが誰かおいしい店があったら教えてください。(この世でこれ以上のものがないと言うぐらいの物がいいな)世界の果てまでも食べに行きます・

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 南紀和歌山グルメ紀行 | メイン | 和歌山グルメ紀行第三弾 魚の王様「クエ」 »

2007年11月16日 (金)

和歌山グルメ紀行第二段 「熊野牛のステーキ」

ずいぶんお待たせしました(汗)
申し訳ございません。いろいろ立て込んでおりまして・・・

但馬牛系統を掛け合せ改良を重ね全国トップレベルの肉質、
熊野牛が誕生した。
やわらかくきめ細かい、豊かな自然の中で飼育された熊野牛は
出荷量が少なく、まず関東に出回ることは無い。
和歌山でしか食べれない熊野牛は
まさに幻のブランド牛☆

今回は南紀勝浦の名店、ステーキハウス「ひのき」
(創業30周年の老舗、ガイドブックにはのることはないでしょう)
熊野牛のヒレステーキ¥5800とロースステーキ¥5800と
ハンバーグステーキ¥2100を食べました。
目の前でシェフが焼き上げるステーキは最高の味わいでした。
熊野牛の話で盛り上がっちゃいました。

ps、
この店のサラダがおどろくほど美味しかったあまりに
おいしいので聞いてみたら、野菜は自家製が多く
玉ねぎは淡路の物を使っていると言っていました。
まさかここで日本で一番甘い玉ねぎで有名な「淡路の玉ねぎ」が
食べれるとは、なんて幸運なことだ!
食べたことはありませんでした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/569949/28743069

和歌山グルメ紀行第二段 「熊野牛のステーキ」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

カポナータ のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
カポナータ