プロフィール

スタッフ

店長のSuzukiです。私は食べる事が大好きで若い頃は給料のほとんどを食べ歩きにつぎ込み貯金がいつも0円でした。特にフレンチが大好きで1日6件のレストランに行った経験があります…自慢
お寿司も天ぷらも大好きですが誰かおいしい店があったら教えてください。(この世でこれ以上のものがないと言うぐらいの物がいいな)世界の果てまでも食べに行きます・

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2007年8月 | メイン | 2008年2月 »

2007年11月

2007年11月17日 (土)

和歌山グルメ紀行第四弾 最終回は「マグロ」

やってきました最終回!

和歌山の那智勝浦町には、生鮮マグロの水揚げ日本一を誇る
勝浦漁港がある。
マグロがおいしいのは揚がったマグロを冷凍せずマイナス0.4℃から
1℃の魚倉で新鮮なまま保存する鮮魚の漁港だからです。
冷凍のマグロは、解凍したとき、栄養分が水分とともに
流れ出してしまい、マグロ本来の旨みがなくなってしまうからです。
JR紀伊勝浦駅から勝浦漁港に至る町筋を中心に、
マグロ料理の店や魚問屋、鮮魚店が軒を並べています。
どの店も自慢は地元に揚がった新鮮なマグロ、
今回は「料亭 縁」に食べに行きました。
オーナーが現役の漁師というだけにマグロの生きの良さは保証付き☆
一番人気の本鮪かまトロステーキ¥1180は
売り切れでした。残念(´з`)
本鮪の大トロステーキ¥忘れました;
本鮪のホホ肉ステーキ、¥忘れました;
あとETC食べました。
おいしかった☆さすが、日本一のマグロの町

次の日、早起きしてマグロのセリ市を見に行きました。
仲貫人にマグロのことを色々ひつこく聞きましたが
みなさん気持ちよく答えてくれました(感謝☆)
ありがとうございます。

その後に、漁港組合に行き「マグロの生ハム」
(勝浦に来た最大の目的)の話をうかがい
作っている‘名人’を紹介していただき
マグロの生ハム作りの話をしていたら
だんだんマグロの話になってしまい名人いわく
勝浦のマグロは日本一、大間のマグロよりおいしいと言っていました。
なぜおいしいかを1時間かけてレクチャーをうけ、
えろへろでしたが大変勉強になりました。
「マグロの生ハム」はほんのりとしたスモークの香りと
飽きのこない味わいは絶品です!!
本日を持ちまして「和歌山グルメ紀行」を
終了とさせていただきます。
大変遅くなって申し訳ありませんでした。

次回は埼玉の最高級食材特集を予定しております。
乞うご期待ください。

和歌山グルメ紀行第三弾 魚の王様「クエ」

順調に更新中☆遅れた分、頑張ります(pд`)スイマセン...

クエ、
和歌山を代表とする海の味覚の一つ年中獲れるのが
旬は晩秋から冬「クエを食べられたらほかの魚はクエン」
「フグよりおいしい魚の王様」と地元では自慢の種だ。
今回は、天然のクエを年中楽しめるクエ料理専門店
「風車」で本クエをいただきました。
白身とは思えないこくがあり
締めのおじやが最高でした!

ps、今度は本クエ鍋コースを¥15000~21000を
夜い食べに行きたいと思います。

2007年11月16日 (金)

和歌山グルメ紀行第二段 「熊野牛のステーキ」

ずいぶんお待たせしました(汗)
申し訳ございません。いろいろ立て込んでおりまして・・・

但馬牛系統を掛け合せ改良を重ね全国トップレベルの肉質、
熊野牛が誕生した。
やわらかくきめ細かい、豊かな自然の中で飼育された熊野牛は
出荷量が少なく、まず関東に出回ることは無い。
和歌山でしか食べれない熊野牛は
まさに幻のブランド牛☆

今回は南紀勝浦の名店、ステーキハウス「ひのき」
(創業30周年の老舗、ガイドブックにはのることはないでしょう)
熊野牛のヒレステーキ¥5800とロースステーキ¥5800と
ハンバーグステーキ¥2100を食べました。
目の前でシェフが焼き上げるステーキは最高の味わいでした。
熊野牛の話で盛り上がっちゃいました。

ps、
この店のサラダがおどろくほど美味しかったあまりに
おいしいので聞いてみたら、野菜は自家製が多く
玉ねぎは淡路の物を使っていると言っていました。
まさかここで日本で一番甘い玉ねぎで有名な「淡路の玉ねぎ」が
食べれるとは、なんて幸運なことだ!
食べたことはありませんでした。

カポナータ のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
カポナータ